業務紹介|調査

耐震診断調査

建物の耐震診断に必要なデータを測定します。
診断に必要とされるデータを写真、数値データ、図表化など使いやすいかたちで提供します。
しかも、正確なデータをスピーディにアウトプットしますので、急な調査などもお申し付けください。

 

 

ダイオキシン・重金属調査

ダイオキシンは主にゴミを不完全燃焼すると発生します。ホルモンをかくらんさせる環境ホルモンで、
発がん性もあるとされています。また、カドミウム、シアン、鉛、六価クロム、砒素、水銀など重金属の調査もおまかせください。

橋梁耐震調査

コンクリートコアの採取を行い、最新の計測機器による鉄筋調査を実施し、現在の橋梁の健全度を調査します。
目視や機器を使って橋梁損傷箇所の確認し、その原因を明らかにします。

 

外壁打診調査

外壁をテストハンマーや打診棒などの打診器具を使って打撃することで、浮き部(剥離部)やクラックの有無を判定します。
近々、躯体内部の調査まで手掛けてまいります。

 

 

 

●X-Scan PS1000システム(HILTI社製)

コンクリートスキャニング診断に威力を発揮するのが
「X-Scan PS1000システム」です。
このシステムを使うと、コンクリートを破壊することなく
内部の鉄筋の位置や、コンクリートのかぶり厚を短時間で
探査しデータ解析を行います。
事前の調査で鉄筋の位置がわかりますので、穿孔作業の際に
鉄筋を破損することもありません。

●NETIS登録 登録番号 CB-110039-A

特長

*電磁波レーダー方式による埋設物探査
*表示画像はフルカラー
*3次元回転できる3D画像で結果確認
*電磁誘導方式の探査機フェロスキャンPS-250システムを所有
(鉄筋探査は30cmの深さまでスキャンできます。結果を3Dで表示します)