業務紹介|工事

アスベスト工事

アスベスト除去作業に関係する労働者の健康障害防止対策及び一般市民の生活環境保全のために、
アスベスト除去作業の際には法律を遵守することが義務付けられています。弊社は、法律を遵守し安全で完璧なアスベスト除去工事に取り組んでいます。

●石綿をシステムで防止

無機質系の処理薬液を使って石綿の表面と深部をしっかり固めることで、石綿繊維の飛散を徹底的に防ぎます。
仕上げは用途に応じた塗料によって美しく仕上げます。

●除去工法

無機質系の処理薬液で石綿層を湿潤化し、石綿の飛散を防ぎながら除去していきます。作業者および作業場の内外を石綿から保護します。
(菊水化学工業(株)のアスシール工法・アスベックス(株)のアスベックス工法を採用)

●作業ツール

「石綿障害予防規則」に基づき国家検定に合格した保護具や
各種防護用品を使っています。
作業員のアスベストばく露や周辺環境への飛散を完璧に封じ込めます。

 

建築物石綿含有建材調査者が中立・公正・正確な調査を行います。

2013年、国土交通省は石綿含有建材の実態把握などを目的として、建築物石綿含有建材調査者制度を開始しました。建築物石綿含有調査者となるには、一般財団法人日本環境センターによる実地研修1日を含む3日間の講習と、筆記・調査・後述の3試験に合格しなければなりません。

弊社には、2014年に同資格を取得した「建築物石綿含有建材調査者」がおり、アスベスト関連の調査及び除去作業に従事しています。

また、2016年には一般社団法人石綿含有建材調査者協会(通称ASA)が設立され、弊社の有資格者も同協会会員となって、精度管理の実現、震災時対応、石綿関連諸制度の充実に努めています。

☆調査、除去工事、健康被害のことなどアスベストのことなら、
上村までお気軽にご相談ください。

平成17年に300人ほどが死亡するというアスベスト被害が発覚、翌年からアスベスト使用全面禁止となっています。公的な建物の居住者だけでも23万8千人ほどが被害を蒙り今後何らかの症状が出るのではと言われています。

「この建物は大丈夫だろうか?」「アスベスト除去工事を考えているのだが…」「健康被害について詳しく知りたいのだが…」などなどアスベストに関することなら、下記までお気軽にご相談ください。お電話でもメールでも受け付けております。

TEL099ー286ー1586

Mail s.comodo@feel.ocn.ne.jp 

担当:スペース・コモド
工事部:上村宗幸(建築物石綿含有建材調査者・
九州アスベスト協議会会員、鹿児島環境推進協会会員)

 

防水・外壁補修工事

●防水工事

一般的な鉄筋コンクリート構造物には、初期硬化によりわずかながらクラックやひび割れなどがあります。
そうした微小なクラックが年月とともに大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。水漏れは建物内部に損害をもたらすとともに、
耐久性能を著しく低下させます。
弊社では、こうした漏水を防ぐために、シート防水(塩ビ・アスファルト)、
ウレタン塗膜防水などの工事を行っています。

 

●外壁補修工事

鉄筋コンクリート構造(RC造)又は鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)においてひび割れや鉄筋の膨張による爆裂(欠損)、
外壁の剥離等を補修する工事を行っています。屋根や外壁などの劣化によって建築物の耐久性が低下していきます。
また、外壁などの破片落下で通行人やその他の工作物等に、
危害を与えてしまうこともあり、定期的な補修工事が必要になってきます。

 

 

※工事に関する工期や予算など、
お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

テント

軽量コンパクトな災害・防災用倉庫、多目的大型屋根施設、防災拠点施設など場所や用途に応じたテントを用意し、快速施工致します。
鹿児島県医師会のドクターヘリの格納庫(鹿児島市浜町)などの実績がございます。
※テントは2014サッカーワールドカップブラジル大会の
大会会場となるサッカー場にも使用された、
テントのワールドブランド太陽工業(株)の製品を取り扱っています。